ゴールドコーストの達人.com[ゴールドコーストニュース]

豪人.comTOP

ゴールドコーストの達人.comTOP

ゴールドコーストニュース

ワイルドライフ・カランビン・サンクチュアリでハリモグラの赤ちゃんお目見え

ワイルドライフ・カランビン・サンクチュアリで9月29日に産まれたハリモグラの赤ちゃんの名前が決定し、初お目見えとなりました。赤ちゃんハリモグラの名前は、飼育員が出した4つの候補から一般投票で選ばれ、Piglet(ピグレット)に決定しました。母ハリモグラのPiggie(ピギー)は、昨年8月に何者かに連れ去られるという事件にあったばかりでしたが、無事に出産し、赤ちゃんは順調に育っているとの事です。

ワイルドライフ・カランビン・サンクチュアリのフェイスブックでは、ハリモグラだけでなく様々な動物の様子を日々アップしており、Pigletの様子も動画でご覧いただけます。
https://www.facebook.com/currumbin.wildlife.sanctuary/timeline

※出典:http://www.cws.org.au/welcoming-piggies-puggle/
http://www.nbnnews.com.au/2016/01/05/gold-coast-meet-piglet/  続きを読む

新たにトラの赤ちゃん2匹誕生!【ドリームワールド】

https://www.dreamworld.com.au/things-to-do/tiger-island/tiger-cubs

7月にドリームワールドで誕生したトラの赤ちゃん、Kai君にとって妹となる赤ちゃんが、11月29日に誕生しました。5週間目にして体重は倍以上に増え、順調に育っているトラの赤ちゃんたち。まだ、Kai君と遊ぶにはちょっと早いようですが、2016年1月中旬頃にはタイガー・アイランドにお目見え予定とのことです。また、1月下旬にはVIP Tiger Cub Experiencesにも参加できるとの事で、ドリームワールドでは、赤ちゃんトラ・フィーバーが起こるかもしれませんね。

※ニュース元:ドリームワールド  続きを読む

在留邦人の皆様へ(ブリスベン総領事館)

本日、ブリスベン領事館より臨時のニュースレターが発行されました。
以下、ご確認ください。





ブリスベン総領事館から在留邦人の皆様へ

11月13日に発生しました「パリにおける連続テロ事件」に伴い,
外務省より下記のとおり海外安全情報(広域情報)が発出されましたので,お知らせいたします。

パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起
~海外渡航時における在留届・「たびレジ」登録のお願い~


1 11月13日夜(現地時間),フランスの首都パリ10区及び11区ならびにパリ北部近郊の国立競技場において,銃撃事件等が発生し,仏政府の発表によれば,少なくとも129人が死亡し,300人以上が負傷しました。

2 本事件について,オランド仏大統領は,イスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)により実施されたとしており,フランス国内では警戒態勢を敷いています。また,他の欧米各国もテロへの警戒を高めています。

3 2014年9月,ISILは,米国をはじめとする対ISIL連合によるISILへの攻撃を批判するとともに,欧米を含む世界の(スンニ派)イスラム教徒に対して,米国,フランス,オーストラリア,カナダをはじめとする対ISIL連合諸国の国民を軍人,民間人問わず攻撃するよう扇動する声明を発出しており,その後,ISILによるとみられるテロ事件が多数発生しています。
また,ISILは,本年1月から2月にかけて,シリアにおいて,日本人男性2人を殺害したとみられる動画を発出したほか,本年9月には,ISIL機関誌において,ボスニア,マレーシア及びインドネシアの日本の外交使節(大使館等)を攻撃対象の候補として言及したことがあります。

4 なお,上記との関連性は不明ですが,最近では,本年8月のバンコクにおける爆発事案や本年10月のバングラデシュにおける邦人殺害事件等の事件が発生しています。今後,中東・アフリカ地域以外でも,同様の事件が発生する可能性は否定できないことから,注意が必要です。

5 つきましては,海外に渡航・滞在される方は,上記のような情勢に十分留意し,誘拐,脅迫,テロ等の不測の事態に巻き込まれることのないよう,外務省が発出する海外安全情報及び報道等により,最新の治安情勢等の関連情報の入手に努めるとともに,日頃から危機管理意識を持つよう努めてください。特にテロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場等不特定多数が集まる場所等)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払ってください。

6 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
また,海外渡航や在留の際に,緊急事態が発生した場合,外務省からは随時情報を提供いたします。上記のパリにおける連続テロ事件のほか,バンコクにおける爆発事案やバングラデシュにおける邦人殺害事件等,緊急事態の発生に際しては,あらかじめメールアドレスを登録いただいた方には,一斉メールにより,情勢と注意事項をお伝えしています。

 3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html

また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)   
                      続きを読む

QLD州、家庭のプールも安全基準遵守へ

2015年12月1日より、クイーンズランド州に設置されているすべてのプールは、年々増える家庭用プールでの子供の事故を防ぐ目的もあり、安全基準を満たさなければならなくなります。

また、プール付きの家を販売、賃貸する際には、プール専門の安全検査官による、安全証明書が必要となります。(安全証明書が無くても販売可能ですが、購入された新オーナーは、購入後90日以内に安全証明書を取得する必要があります。)

ご自宅のプールが基準を満たしているかどうかは、下記サイトでご確認下さい。
http://www.qbcc.qld.gov.au/pool-checklist/

その他の詳細は、下記Queensland Building and Construction Commissionのウェブサイトをご確認下さい。
http://www.qbcc.qld.gov.au/home-building-owners/pool-safety/overview  続きを読む

ドリームワールドでトラの赤ちゃん誕生

http://www.dreamworld.com.au/things-to-do/tiger-island/tiger-cubs

2015年7月25日にゴールドコーストのテーマパーク、ドリームワールドでトラの赤ちゃんが誕生しました。偶然にもこの日はGlobal Tiger Dayで、動物園ではパーフェクト・タイミングで生まれてきたと喜んでいます。まだ、名前は決められていませんが、8月中旬には動物園の赤ちゃんトラコーナーで一般公開される予定です。なお、同園内で生まれたトラの赤ちゃんは、4匹目となると言うことです。  続きを読む

2015年度の連邦予算がでました

昨日、5月12日の午後に2015年度の連邦予算(Federal Budget )が発表されました。

news.com.auがまとめた”What it means for you ”という記事には、オーストラリアで生活する人に合わせて、どのように予算が影響をおよぼすか、分かりやすくまとめられています。

例えば、スモール・ビジネスのオーナー、子供をデイケア(保育所)に預ける両親共働き世帯、北オーストラリア地域でのライフライン整備や畜産業のための交通整備をする民間業者などが恩恵を被るとされています。

詳しくは、こちらのページをご確認下さい。
http://www.news.com.au/finance/money/federal-budget-2015-what-it-means-for-you/story-e6frfmci-1227352362602?utm_content=SocialFlow&utm_campaign=EditorialSF&utm_source=News.com.au&utm_medium=Facebook(英語)

※情報・写真:news.com.au  続きを読む

バイロンベイ・コーヒー・カフェが原宿にオープン!

1989年にバイロンベイで家族経営で始まったコーヒーファーム、
Byron Bay Coffee Companyのカフェが、
2015年4月4日に東京原宿にオープンしました。

オーストラリアのコーヒーが日本で味わえる、
貴重なカフェの登場です!

BYRON BAY COFFEE COMPANY JAPAN ホームページ
http://www.byronbaycoffeejapan.com/

BYRON BAY COFFEE COMPANY JAPAN フェイスブックページ
https://www.facebook.com/byronbaycoffeecompanyjapan  続きを読む

TAFEゴールドコースト、開校

クイーンズランド州は、TAFEゴールドコーストをサウスポートキャンパスとしてを開校します。オープン記念として1月21日にフリーイベントが企画されています。



  続きを読む

マイナー交通事故の新しい報告方法

2015年1月1日よりクイーンズランド州警察は、マイナー交通事故のみに関与したドライバーを対象に、スマートフォンアプリ(Polislink)を経由しての事故報告またはサイトよりCar Crash Flyerをダウンロード記入して提出できることを可能としました。
Policelinkスマートフォンアプリは「Policelink」より、アプリストアからダウンロードすることができます。
いずれも情報が収集された後に運転者が保険の目的のために使用することができるレポート番号の発行を受けることができます。
マイナー交通事故のみを対象としており、重度の傷害や死亡事故、薬物やアルコールの疑い関与、ドライバーが必要な詳細を提供するために拒否している場合等対象外となります。詳しくはリンク先を参照ください。
  続きを読む

映画撮影用に帆船をリニューアル

http://www.couriermail.com.au/entertainment/confidential/pirates
来月から撮影が開始される「パイレーツ・オブ・カリビアン5」の映画内に登場する帆船「ブラックパール号」が、バンダバーグにある古い帆船「レインボージプシー」を改造して使用されることになりました。(couriermail)

ゴールドコースト内ヒンターランドなど3か所で現在撮影セットが建設されています。
(goldcoastbulletin)

  続きを読む

落書き防止プロジェクト

シティ内の景観を損ねる落書きは故意の犯罪です。ゴールドコーストは落書きを無くす為、落書き予防教育プログラムを設定。若者に対し落書きの社会や環境への影響について教育することを目的としたカリキュラムです。
他にも落書きに対する取り組みが行われています。
  続きを読む

ゴールドコースト・マラソン、エントリー開始

http://blog.livedoor.jp/gcmarathon/archives/52072918.html
2015年7月に開催される、ゴールドコースト・マラソンのエントリー受付が12月9日より開始されています。日本からは毎年1000人以上がエントリーする人気のマラソン大会です。  続きを読む

サウスイースト・クイーンズランド州、暴風に

http://www.brisbanetimes.com.au/queensland/severe-storm-warning-for-south-east-queensland-20141209-123ezw.html(brisbanetimes)
ゴールドコースト、ブリスベンを含むサウスイースト・クイーンズランド州は不安定な天候となり雹を伴った暴風の天候となりました。一部地域では停電被害も出ています。
今後の暴風雨が予測される地域にクイーンズランド州消防と救急サービスから以下の注意声明が出ています。 
※車を木から遠ざけカバーをかける。  
※屋外の緩んだアイテムを固定させる。  
※水位の増した道路を車で通行したり歩いたりしない。
※屋内に待機、木々の下に行かない。 
※雷が雷鳴している場合、電話の使用をしない。
※倒木や垂れ下がった電話線などの電線に注意。
※緊急支援SESへの連絡は132 500。
  続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン、エキストラ募集開始

http://cairns.radiozinc.com.au/davie-inky/latest-from-dave-inkie/46631-casting-call-for-pirates-of-the-caribbean-dead-men-tell-no-tales

ノースクイーンズランドで収録予定の
Pirates of the Caribbean - Dead Men Tell no Tales
の、エキストラ募集が始まりました。

今回は男性(年齢不問)のみの募集で、女性の募集は後日となります。

詳しくは、上記ページをクリックして、内容を良くお読みの上、
英語で必要事項と、必要ファイルをメールでお送り下さい。  続きを読む

自動車登録シールが不要になります

2014年10月1日より、QLD州では自動車登録のシール(車の見える所に貼る必要があったステッカー)が必要無くなります。
(4.5t以上のトラックとボートは除外となります)

現在張っているシールは、そのまま貼ったままでも構いませんし、剥がしても問題ありません。

現在の登録状況は、下記ページから確認する事が可能です。
https://www.service.transport.qld.gov.au/checkrego/application/TermAndConditions.xhtml?windowId=106

詳しくは、クイーンズランドガバメントのページをご確認下さい。
http://www.qld.gov.au/transport/news/features/label/

自動車登録はこれまでどおり必要となりますのでご注意下さい。
期限の4週間前には、登録者にお知らせが行くようになります。  続きを読む

新しい市内交通システム、GLinkのサイト

http://www.goldlinq.com.au/
7月より運用が開始された、市内を走る新しい交通システム“GLink”。専用サイトが開設されています。ルートなど詳しい情報はこちらをチェック。
なお、GLinkおよび市内の公共交通機関(電車、フェリー、バス)ご利用には電子チケット、GoCardの購入がスムーズかつ割引料金となります。詳しくは以下のサイトへ。
http://translink.com.au/tickets-and-fares/go-card

  続きを読む

オージーが選ぶ世界最高のテーマパークは?

http://www.perthnow.com.au/travel/holiday-ideas/australias
Perthnow(web版)にて、世界のテーマパークランキング特集記事が掲載されました。南太平洋地区トップテンにゴールドコーストのテーマパークが多数ランクインしています。他には世界でベストのアミューズメントパーク、世界最高のウオーターパーク、などランキング発表記事です。  続きを読む

新しい交通システムG;Link

市内に新しい交通手段としてトラムサービスが導入されました。市内13キロメートルの新世代公共交通機関トラムを中心にGライトシステムとしてテストが継続されています。これらは最終段階のものであり、バス、電車、フェリー、水上タクシーとの連携も強化されます。
くわしくはリンク先を参照ください。
  続きを読む

特集 オパールを救え!

現在オパールが色んな面で危機に瀕しているそうです。その事に付いてゴールドコースト宝石の達人こと、有地(ありち)さんにお話を伺ってきました。

達人スタッフ : なぜオパールは今危機的状況に有るのでしょうか?

有地 : オーストラリアの物価高、人件費の高騰によりオパールの採掘費用が高くなっています。
それだけならまだしも 良質のオパールが掘り尽くされた感があり、高いお金を払っても綺麗なオパールが手に入り難くなっています。

また、サーファーズの街でも、2000年に当店が開店した時には、10件以上有ったオパール(宝石)店が、今では全てメインの通りから全て消えてしまいました。
ですから色んな面でオパールが危機的な状況に有ると思っています。


達人スタッフ : サーファーズパラダイスの街から宝石店が消えてしまったのには何か理由が有るのでしょうか?

有地 : 今までオパール業界を引っ張って来られた方が勇退された事が大きいと思います。

他にはオパールを結構買っていた日本人の観光客の減少とか、色んな事情が重なり合っていると思います。

達人スタッフ : 有地さんはグレートバリアリーフ・サファイアピンクダイヤモンドのプロモーションで成功を収めていたので「オパールが危機的な状況に有る」と聞いた時にはオパール屋さんが無くなって有地さんの様な宝石店だけが生き残ると言う状況になったのではないかと思っていましたが。 


有地 : 開店当時オパール以外の宝石を扱うお店を始めたのは 自分が単にモノマネをしたくなかっただけなんです。

達人スタッフ : でも今じゃあモノマネのオパール屋さんは全て淘汰されてしまっている。

有地 : そうなると誰もオパールを広めようなんて思わなくなる、悪循環が生まれてくるんです。幾らピンクダイヤモンドサファイアが有名になってもやはりオパールと言うのはオーストラリアを代表する宝石ですし、『国定宝石』にも定められているのですから このままオパールの灯を消してしまうのは余りにも勿体無い。特に、ゴールドコーストの中心地であるサーファーズパラダイスでその灯を消す訳にはいかないと思っています。

また、私がグレートバリアリーフ・サファイアピンクダイヤモンドを広めることが出来、こうして宝石店を続けていられるのも先人達がオーストラリア=オパールと言うイメージを作って下さったお陰だと思いますしオパールが有る事で他の宝石もプロモートし易かったですね。ですから今こそオパール業界に恩返しをする時だと思いました。

達人スタッフ : ではオパールの危機的状況は脱することができるのでしょうか?

有地 : ハイ。オパールの石(宝石)自体がその魅力を十分持っているので大丈夫と思います。

達人スタッフ : オーストラリアのサファイアピンクダイヤモンドを発掘して広めた有地さんがそう言うならオパールの復権も現実味を帯びてきますね。
では有地さんこれからの目標は?

有地 : やはりこれからモットモットオパールを広めて買っていただきたいと思います。
また、オパールを広める為にもケアンズでもシドニーでも良いので他所のオパール屋さんの取材、紹介も宜しくお願いします。当店一店だけよりも色んな選択肢が有る方が業界も盛り上がると思うのです。

達人スタッフ : 本日はどうもありがとうございました。

インタビューを終えて
有地さんが宝石店を始めた2000年当初はオパール以外の宝石をプロモートされたことからオパール業界から嫌がらせが有ったみたいですが、現在オパールを救おうとして孤軍奮闘されているのが有地さんなのは歴史の皮肉を感じます。
現在、有地さんはオパールをオーストラリア国外の人に紹介する為サーファーズパラダイスのハンランストリートにあるサーファーズインターナショナルホテルのアーケードの中で「パーティ・サファイア」と言う宝石店を経営。 
最近は日本人だけではなく中国のお客様も多いみたいで駐在員時代に身に付けた中国語が役に立っているそうです。(我々スタッフも中国語をがんばらなければ。)
お店は中国語の看板を出しているので日本人の人に「日本人経営」と思って貰えないのが辛いとか。
オパールは1mm成長に50万年も掛かること。遊色効果によって色んな色が見え我々スタッフもオパールの魅力に取りつかれそうでした。

パーティ・サファイア Parti Sapphires
住所:shop8 Surfers International,
Hanlan Street
Surfers Paradise QLD 4217
TEL:(07)5570-3291
営:11:00~17:50 休:水、日曜日
パーティ・サファイアさん紹介ページはこちら

  続きを読む

ジュピターズで新しいショーがスタート!

2013年12月27日より、ジュピターズのショーが新しくなります。

その名も、Zircus







世界の有名サーカスアーティストが参加している、エンターテインメントスペクタキュラーがやってきます!

ショーのスケジュールや、チケットの購入については、下記ページをご確認下さい。

http://www.jupitersgoldcoast.com.au/whats-on/entertainment/Pages/Zircus.aspx  続きを読む


無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

はじめての方へ